グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 奥浜名湖商工会バリューアッププロジェクト 第1期報告会が行われました

奥浜名湖商工会バリューアッププロジェクト 第1期報告会が行われました

奥浜名湖商工会と本学経営学部の学生が手を組み、商店街や地域の活性化を目指すプロジェクト「奥浜名湖商工会バリューアッププロジェクト」の第1期報告会が3月12日(木曜日)、奥浜名湖商工会館で開催され、学生たちが柔軟な発想で考案した新メニューやサービスなどを発表しました。

昨年11月からこの企画がスタートされ、学生18名が4チームに分かれて地元企業経営者らと話し合いを重ね、現状分析や展望、新サービスなどを提案しました。報告会では、1チーム15分で発表し、酒店を担当したチームはSNSを活用したPR策のほかに、おしゃれなグラスの販売やスタンプラリー、立ち飲みスペースの設置などを提案し「これらの取り組みで、日本酒の味を知らない人にも興味をもってもらえる」と訴えました。
今後もこのプロジェクトは継続され、商店と学生が協力した地域活性化を進めていきます。