グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 教育学部の卒業生 長岡秀貴さん原作の映画「サムライフ」が静岡シネ・ギャラリーで公開決定

教育学部の卒業生 長岡秀貴さん原作の映画「サムライフ」が静岡シネ・ギャラリーで公開決定

本学教育学部(初等教育課程国語専攻)卒業生の長岡秀貴さん原作の映画「サムライフ」が、サールナートホール 静岡シネ・ギャラリーで公開されることが決定しました。
2004年に侍学園が設立されるまでの物語を描く映画で、学園理事長である長岡さんが出版した同名の書籍を原作として映画用の脚本にアレンジした物語です。
5月16日(土曜日)~5月29日(金曜日)に公開される予定です。

〔ストーリー〕

「“自分で生き方を決める学校”をつくる」それがナガオカの夢だ。
半身不随や恩師の死、そして周囲の反対を乗り越え、ナガオカは教師になった。5年後、彼は高校教師を辞め、自分の夢を叶えるために走り出した。そんな彼の下には、自分の居場所を探していた4人の元教え子が集結。そして、学校設立の資金を集めるために彼らがやったことは、0(ゼロ)からのショットバー開業とナガオカの自伝本の自費出版!
夢の実現に向け奮闘する一方で、ナガオカは様々な事情から学校に通えない子どもたちと出会う。彼らが抱える問題に向き合い、彼らを救いたいと思いながらも、責任の重さに押しつぶされそうになるナガオカ。
そんな彼を支えたのは、4人の仲間と妻、そして彼の夢を応援する人たちだった。時に衝突し、時に励まし合い、夢を追うナガオカと仲間たち。学校開校に向け、本気で挑戦した彼らの熱い物語が、今始まる―。

2月28日(土曜日)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次
2月7日(土曜日)TOHOシネマズ上田ほか長野先行公開!