グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 「おいしい舞阪まるごと体験フェア」で浜松産野菜もりだくさんスープを提案/健康栄養学科

「おいしい舞阪まるごと体験フェア」で浜松産野菜もりだくさんスープを提案/健康栄養学科

2月7日(土曜日)に浜松市西区にて開催された「おいしい舞阪まるごと体験フェア」で、浜松市認定農業者協議会西支部の協力を得て、本学健康プロデュース学部健康栄養学科「たべものプランナーズ」の学生12名が、地元農産物を使ったレシピの企画、試食販売を行いました。
これは、浜松市農林業振興課からの依頼で始まったもので、「西区まつり」からスタートして今回で3年目。西区で生産されている多種多様な農産物を知ってもらい、地産地消を促すことを目的に毎年参加しています。

今回は「常葉大学生提案 浜松産!ぽかぽかスープであったまろう♪」と題して、西区の農産物を主に使った野菜スープを考案しました。学生が栄養計算付きのレシピ6種類を紹介。お客様の前で『お茶風味のニョッキスープ』『セロリ肉団子の洋風みそスープ』『里芋入り鶏団子の味噌汁』の3種類のスープを、考案した学生によるデモンストレーションと試食を行い、『いももちのぽかぽかスープ』『じゃがりんごポタージュ』『雑穀入り!浜松野菜のミネストローネ』の3種類のスープをレシピ付きで販売しました。

用意したスープは、あっという間に完売してしまう人気ぶりでした。『お茶風味のニョッキスープ』を考案した日置梨沙さん(健康栄養学科3年)は「さつまいもと米粉でニョッキを作り、小麦アレルギーの方にもおいしく召し上がっていただけるよう考えた」と話してくれました。野菜を作ってくださった農家さんの想いを大事に新しいメニューの提案をさせていただきました。家庭の食卓を彩る一品となれば幸いです。