グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 浜松キャンパスBBS会が北区保護司会とクリスマス会を開催

浜松キャンパスBBS会が北区保護司会とクリスマス会を開催

非行やさまざまな問題をかかえる少年に寄り添い、兄や姉のような立場で立ち直りをサポートするボランティア活動に取り組む浜松キャンパスBBS会[代表:松本泰吾さん(経営学部3年)]がクリスマス会を開催しました。
クリスマス会では、健康プロデュース学部健康栄養学科の学生が所属するサークル「食ポート」がお菓子作りの指導を行い、少年と保護司、学生が一緒にケーキなどのお菓子づくり体験を行いました。

非行の背景にある家庭の問題などからクリスマスを祝う習慣や手作りのお菓子を食べることもない少年にとって、家庭の雰囲気や行事を知るための貴重な機会となりました。また大学生にとっても少年との関わり方を共に活動する中で学ぶことができる良い機会となりました。  
お菓子作りのサポートを行った食ポート代表の森下絢加さん(健康栄養学科3年)は「お菓子づくりを通じて少年が会話をしてくれるようになり、楽しく参加してもらえたので良かった」と感想を述べていました。

浜松キャンパスBBS会は、浜松市北区保護司と連携しながら今後も青少年の健全育成活動に貢献していきたいと思います。

BBS

BBS …… Big Brothers and Sisters Movementの略。
問題や悩みを抱えて社会と孤立する少年少女の健全な成長を支援、犯罪や非行のない社会の実現を目指して活動する法務省公認の青年ボランティア。
全国で約490団体4700人が参加している。