グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



過去のNews&Topics

ホーム  > 過去のNews&Topics  > 北区安心・安全フェスティバスに参加/BBS会・ThunderBirds

北区安心・安全フェスティバスに参加/BBS会・ThunderBirds

10月11日(土曜日)に浜松市北区のみをつくし文化センターにおいて「北区安心・安全フェスティバル」が開催され、浜松キャンパスの学生グループ「BBS会」のメンバーが細江警察署と協力して、防犯劇「猫の皿」を演じました。
「猫の皿」という作品は落語をアレンジしたもので、人を騙してお金をくすねるという物語です。防犯劇に出演した松本泰吾さん(ビジネスデザイン学部3年/現:経営学部)は「将来は警察官を目指しているので、警察のイベントにかかわることができ多くのことを学ばせていただいた。事前の練習は大変だったが、わかりやすく防犯の大切さを伝えることができて良かった」と感想を述べました。
このイベントではボランティアサークル「ThuderBirds」も参加し、防犯ホットメールの登録ボランティアを行いました。防犯ホットメールは、携帯電話のメール機能を活用して、不審者情報、振り込め詐欺の手口や発生情報、街頭犯罪の発生情報、消費者被害情報など情報を発信するもので、少しでも被害を減らしていくための地道な活動と言えます。常葉大学浜松キャンパスは細江警察署と連携して、今後も地域の安心安全のために協力していきます。

また、BBS会は浜松市北区内の中学校で、北区保護司会と連携して朝のあいさつ運動も行っています。代表の竹田和史さん(心身マネジメント学科4年)は「あいさつ運動を通して生徒たちの健全な育成にかかわることの重要性を感じている。これからも継続して活動していきたい」と述べています。
浜松キャンパスBBS会では、あいさつ運動のほかにも作文の編集やクリスマス会などの企画も検討中です。

BBS

BBS …… Big Brothers and Sisters Movementの略。
問題や悩みを抱えて社会と孤立する少年少女の健全な成長を支援、犯罪や非行のない社会の実現を目指して活動する法務省公認の青年ボランティア。
全国で約490団体4700人が参加している。