グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



過去のNews&Topics

ホーム  > 過去のNews&Topics  > 児童とともにお米を考える/健康栄養学科

児童とともにお米を考える/健康栄養学科

栄養教諭を目指す健康プロデュース学部健康栄養学科の4年生が10月14日(火曜日)、浜松市立都田小学校で児童たちと五平餅作りを行いました。
児童たちは田植えからお米を育て、この秋収穫を迎えました。そのお米から今回の五平餅を作るだけではなく、お米や米粉を使用してさまざまな料理や菓子を考えていきます。いずれは商品として売り出したいということで、学生たちは新商品のアイデアや調理方法をアドバイスしながら児童たちと商品開発を進めます。
栄養教諭を目指すために、教職実践演習の授業の一環として子どもたちと触れ合うとともに、栄養学から見た商品開発に携われ、今後の活動もより実践的な体験ができ貴重な時間になります。