グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



過去のNews&Topics

ホーム  > 過去のNews&Topics  > 「水辺探検隊2014」を開催しました/社会環境学部

「水辺探検隊2014」を開催しました/社会環境学部

富士市、県富士土木事務所、本学富士キャンパス付属環境防災研究所が主催し、8月21日(木曜日)に富士市の田宿川で「水辺探検隊2014」を開催しました。このイベントは川について楽しく学び、川を大切にする心を育むことを目的に開催されたもので、今年で14回目を迎えました。
新人隊員として市内の小学4~6年生34人が参加。総隊長には社会環境学部の山田辰美教授を迎え、新人隊員のリーダーとして自然体験活動研究会の学生18人も参加しました。新人隊員の児童は、指導綱引きや水鉄砲、川流れなどの川遊びや田宿側に生息するカルガモ、アユ、手長エビなどの生き物探しなどを繰り広げ、水辺に親しみました。

参加した児童は「隊員同士が協力して行い楽しかった」「水が冷たかったが、水圧は思っていたよりも少なかった」などと感想を話しました。
山田教授は「外遊びはあらゆる感性を刺激する。好奇心の窓も全開にすることができ、理科離れを改善する一助にもなる」と話しました。