グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



過去のNews&Topics

ホーム  > 過去のNews&Topics  > 本学学生がアルティメット全国大会出場で富士市役所を表敬訪問

本学学生がアルティメット全国大会出場で富士市役所を表敬訪問

本学富士キャンパスの学生が所属する、フライングディスク競技の一つアルティメットの社会人チーム「富士龍神」が6月7日(土曜日)、8日(日曜日)に掛川市で開催された中部地区予選で5位入賞を果たし、文部科学大臣杯全日本大会へ2年連続の出場を決めました。
富士龍神は2009年に結成された社会人アルティメットチームで、富士市内の大学生や社会人ら約70人が所属しています。
17日(火曜日)には、選手を代表して石原匡師さん(総合経営学部4年/現:経営学部)、山川聖也さん(社会環境学部4年)、常葉大学フライングディスク部顧問の瀧澤寛路准教授らが富士市役所に表敬訪問し、山田教育長に出場報告を行いました。
全日本大会に向けて石原さんは「1試合でも多く勝てるようチームに貢献する」、山川さんは「リラックスして実力を発揮したい」とそれぞれ活躍を誓いました。
全日本大会は28日(土曜日)、29日(日曜日)に富士川緑地公園で開催され、全国から予選を勝ち抜いた24チームが熱戦を繰り広げます。