グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



過去のNews&Topics

ホーム  > 過去のNews&Topics  > 体育遊び教室が開かれました/こども健康学科「子羊クラブ」

体育遊び教室が開かれました/こども健康学科「子羊クラブ」

健康プロデュース学部こども健康学科の「子羊クラブ」が5月27日(火曜日)、浜松市東区の笠井恊働センターにて、遊びを通じて子どもたちの基礎体力向上を図る「体育遊び教室」を開きました。
「子羊クラブ」はこども健康学科の磯谷准教授のゼミ生でつくる集まりで、幼児体育の研究をしています。この日は地元の園児ら11人が参加し、子羊クラブのメンバーから鉄棒やボール遊びの指導を受けました。
磯谷准教授や学生は明るい音楽を流したり、わざとおどけてみたりして、園児達を鼓舞し、鉄棒のぶら下がりやマット運動、跳び箱やサッカーなどさまざまな遊びに挑戦して、思い切り体を動かしました。
園児は「とっても楽しかった。でんぐり返りができるようになりたい」と話しました。