グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



過去のNews&Topics

ホーム  > 過去のNews&Topics  > 浜松・東三河フェニックスホームゲームで運営ボランティア/ThunderBirds

浜松・東三河フェニックスホームゲームで運営ボランティア/ThunderBirds

4月26日(土曜日)・27日(日曜日)に岡崎市総合体育館で開催された、プロバスケットボール「浜松・東三河フェニックス」のレギュラーシーズン最終戦と、5月3日(土曜日)・4日(日曜日)に磐田市のアミューズ豊田で開催されたプレーオフに、浜松キャンパスのボランティアサークル「ThunderBirds」のメンバーが運営ボランティアとして参加しました。
学生たちは、フェニックスコーナー、チケット売り場、もぎり、スタンプラリー補助、サイン会設営、サイン会サポートなどを担当しました。
浜松・東三河フェニックスは今シーズン、レギュラーシーズン4位、プレーオフは西地区準決勝で惜しくも敗退という結果でした。本学卒業生の大石慎之介選手(心身マネジメント学科2期生)は今期もキャプテンに就任し、積極的なプレーで会場を沸かせました。
ThunderBirdsは来期も積極的にホームゲームのボランティア活動を行っていきます。