グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



過去のNews&Topics

ホーム  > 過去のNews&Topics  > 被災地支援の募金活動・浜松市長表敬訪問/浜松キャンパス

被災地支援の募金活動・浜松市長表敬訪問/浜松キャンパス

被災地支援の募金活動

東日本大震災の風化を防ごうと常葉大学など県西部の学生が、3月11日のイベント「3.11 復光キャンドルナイト」を前に2月22日(土曜日)、23日(日曜日)の両日、JR浜松駅前で募金活動を行いました。

初日は、本学学生とオイスカ高校の生徒約20人が街頭に立ち並び、募金に加え、「3.11 復光キャンドルナイト」への参加を呼び掛けました。寄せられた浄財は「あしなが育英会」へ寄付されます。

浜松市長表敬訪問

2月27日(木曜日)には、3.11復光キャンドルナイト実行委員会の学生5名が「3.11復光キャンドルナイト」開催にあたり、鈴木康友浜松市長を訪問しました。

この日訪問したのは、実行委員会代表の佐々木哲郎さん(心身マネジメント学科2年)の他、本学の学生2名と浜松学院大学、豊橋技術科学大学の学生が訪問し、開催の目的や経緯を紹介しました。

このイベントは、犠牲者への哀悼や風化防止、南海トラフ巨大地震への関心を高めることを目的として行い、今年で3年目。今年は、被災地や被災者が復興に向けて一歩一歩前に進もうとしている姿を表し、テーマを「歩」としました。
鈴木市長は、「震災から3年がたとうとしている。やはり防災への意識は薄れていると感じる。このような活動はとても大事なこと」と話しました。
また、代表の佐々木さんは市長に、被災地へのメッセージをいただきたいとお願いをすると、その場でペンをとり「一日も早く明るく笑顔になりますように」と描いてくれました。
そして、市長は、3月11日(火曜日)のイベントの際、点火にお越しいただけることになりました。
ぜひ、多くの方に参加していただき、今後予想される南海トラフ巨大地震への関心を高めていただきたいと思っています。

3.11復光 キャンドルナイト ー新しい一歩 それぞれの一歩ー

日時2014年3月11日(火曜日) 17時00分~20時00分
場所浜松市中区アクト通り
主催3.11はままつ東北復興プロジェクト
常葉大学、静岡大学、静岡文化芸術大学、静岡産業大学、浜松学院大学
スポアートサポートとうかい、災害支援サークルLure、豊橋技術科大学ボランティア部