グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



過去のNews&Topics

ホーム  > 過去のNews&Topics  > 浜松シティマラソンで参加ランナーをサポート/心身マネジメント学科

浜松シティマラソンで参加ランナーをサポート/心身マネジメント学科

2月23日(日曜日)に開催された「第10回浜松シティマラソン」で、本学健康プロデュース学部心身マネジメント学科のアスレティックトレーナーサークル「キャッツ」がブースを設け、ストレッチによる選手のけが予防やアフターケアに努めました。

テント下に約10個のベッドを設置し、走る前や完走後に訪れた選手に「気になるところはありますか」などと声を掛けながら、メンバー22人が入念なストレッチを施しました。代表の渡邊健太さん(心身マネジメント学科3年)は「今年で3回目だが、利用者が年々増えている。選手にトレーナーの存在や役割を知ってもらえればうれしい」と話しました。選手からは「言葉がけがやさしく、マッサージも気持ち良かった」と好評でした。