グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



過去のNews&Topics

ホーム  > 過去のNews&Topics  > 新潟県長岡市で雪かきボランティアを行いました/社会環境学部

新潟県長岡市で雪かきボランティアを行いました/社会環境学部

2月10日(月曜日)~11日(火曜日)の1泊2日で、豪雪の集落である新潟県長岡市川口木沢で、社会環境学部の学生6名と池田浩敬教授が、雪かきボランティアを行いました。
木沢集落は新潟県中越地震からの復興支援活動で、7年間毎年訪れていた繋がりのある地区です。
今回は、自ら雪下ろしを行うのが困難なお年寄りの家等を中心に雪下ろしや雪かきのお手伝いをするとともに、雪かきの基本を学び、次回以降のボランティア活動に役立てるために全員が「雪かき初級コース」を修了しました。
当日は、地域住民しか乗ることが認められていなかった「有料コミュニティバス」を除雪ボランティアに限って乗車を認めてほしいという長岡市の要望に対応し、国土交通省が昨年、その乗車を認める解釈を示し、除雪ボランティアの乗車第1号となりました。
雪かきの合間には、かまくら作りを行ったり集落の方々との懇親会を行うなど、地域の方々との交流を深めました。