グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



過去のNews&Topics

ホーム  > 過去のNews&Topics  > 能楽ワークショップを開催しました

能楽ワークショップを開催しました

12月14日(土曜日)に静岡キャンパスで、教育学部初等教育課程学内学会の催しとして、「能楽ワークショップ」を開催しました。
この催しは、静岡文化財団グランシップ「伝統芸能普及プログラム」の一環として、観世流能楽師の山階彌右衛門先生、観世芳伸先生をはじめとする能楽師の方々の協力を得て、能楽ワークショップという形で、講話に加え学生一人一人の参加型の企画となりました。
午前中は小部屋に分かれ、11名の能楽師の方のご指導のもと、小鼓、大鼓、シテ方、謡いのワークショップを行いました。
午後は、静岡にゆかりのある演目「羽衣」を鑑賞しました。能楽師の方の直々の手ほどきを受けて貴重な楽器に触れたり、また目の前で迫力のある舞台を鑑賞することができ、貴重な学びの機会となりました。