グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



過去のNews&Topics

ホーム  > 過去のNews&Topics  > 男子バスケットボール部 インカレで惜敗

男子バスケットボール部 インカレで惜敗

9年連続12回目の全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ)の出場を決めた本学男子バスケットボール部が11月26日(火曜日)、1回戦を専修大学(関東7位)と対戦しました。

序盤から両チームとも一歩も引かない白熱した試合が繰り広げられ、常葉大学は会沢翔太選手(ビジネスデザイン学部4年/現:経営学部)、原口孝選手(ビジネスデザイン学部2年/現:経営学部)、居村悠大選手(ビジネスデザイン学部4年/現:経営学部)などのアウトサイド陣が奮闘し、第4ピリオドまで互角な戦いを繰り広げました。3点差で迎えた第4ピリオド残り1:48、会沢選手が3Pシュートを沈め同点まで持ち込むものの、その後は専修大学に加点を許し、一歩及ばず。79-82と惜しくも勝利を手にすることができませんでした。
強豪校を相手に互角の試合を演じ、惜敗はしたものの、素晴らしいゲームとなりました。