グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



過去のNews&Topics

ホーム  > 過去のNews&Topics  > 島田の帯祭の記録映像を配信/常葉大学映像部(中日新聞メディア局と共同制作)

島田の帯祭の記録映像を配信/常葉大学映像部(中日新聞メディア局と共同制作)

常葉大学映像部(浜松キャンパス)は、島田大祭保存振興会と連携して、3年に一度の大祭「島田の帯祭」(10月12日~14日)の模様を記録し、中日新聞ウェブから配信をしました。
島田の帯祭は元禄の時代から数えて321年もの歴史を有し、3年に一度、市内の大井神社および周辺町内で行われます。
記録映像は、呼びものである絢爛豪華な大名行列にスポットを当てました。大名行列の花形役者は、木太刀(きだち)に丸帯を下げた大奴(おおやっこ)です。むかし、島田に嫁いだ花嫁が、晴れ着で大井神社へお参りし、帯を町人に披露したのが帯祭の由来だと伝えられています。
撮影スタッフは、島田市出身の鈴木一輝さんを中心として、須郷進さん、松永尚也さんの3名(いずれも経営学部の1年)で行いました。

中日新聞ウェブ動画ニュース

『日本三奇祭 島田の帯祭』(別ウィンドウで開きます)