グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



過去のNews&Topics

ホーム  > 過去のNews&Topics  > 日韓青少年人材交流プロジェクトに参加しました/ThunderBirds

日韓青少年人材交流プロジェクトに参加しました/ThunderBirds

10月23日(水曜日)から27日(日曜日)の日程で、本学の学生サークル「ThunderBirds」代表の細井一さん(心身マネジメント学科4年)と、副代表の勝間田悠里さん(心身マネジメント学科4年)が日韓青少年人材交流プロジェクトに参加しました。

本プロジェクトは一般社団法人グローバル人材サポート浜松の主催で、日本と韓国の大学生間の交流を深め、グローバルな視点を養うことを目的とします。また、浜松市と安山市の取り組みついて直接学ぶことにより、浜松市の多文化共生の取り組みがいかなるものかを俯瞰的に考え、社会づくりを担う次世代の育成を図ることを目的に実施され、浜松から大学生15名が参加しました。

4泊5日のプログラムの中で、漢陽大学日本語学科学生と意見交換会・交流会、安山市外国人住民センター視察、グローバル多文化センター視察、水原市・世界遺産を生かしたまちづくり活動の方々との交流などに参加し、最終日には浜松市長と共に、日韓欧サミット(多文化共生都市シンポジウム)に出席しました。
参加した勝間田さんは「最も印象的だったのは、福島の放射能に対する海外の人たちの反応。東京オリンピックで海外から多くの人に来てもらえるのか不安に思った。また、シンポジウムでは、各国の多文化共生の取り組みに興味を持った。日本を外から客観視することができ、有意義であった」と報告しています。
今後は11月14日(木曜日)に浜松市長とのランチ会が予定されており、プロジェクトの成果や日頃の大学でのボランティア活動を報告する予定です。