グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



過去のNews&Topics

ホーム  > 過去のNews&Topics  > 日本体育学会で研究発表を行いました/心身マネジメント学科

日本体育学会で研究発表を行いました/心身マネジメント学科

健康プロデュース学部心身マネジメント学科の学生が在籍するアスレティックトレーナーサークル(CATS)の学生9名が8月28日(水曜日)、滋賀県で開催された「第64回日本体育学会 学部学生研究発表交流会」において研究発表を行いました。全国から24の演題が登録された中、常葉大学からは4題の発表が行われました。

発表内容は下記のとおりです。

大学女子バレーボール選手の下肢関節角度別の筋力とジャンプ高との関連性

安居綾乃(3年)、板倉早紀(2年)、伊藤優(2年)、加藤悠太(2年)、佐野村学

大学生剣道選手を対象とした足趾把握力が立ち幅跳びに及ぼす影響

加藤悠太(2年)、安居綾乃(3年)、板倉早紀(2年)、伊藤優(2年)、佐野村学

大学生女子バスケットボール選手を対象とした足関節テーピングの有無が静的および動的バランス能力に及ぼす影響

竹内依望(3年)、山本麻樹(4年)、海野好希(3年)、渡邉健太(3年)
大谷豪和(2年)、宮城駿雅(2年)、佐野村学

股関節外転筋力が動的下肢アライメントに及ぼす影響 ―大学男子バスケットボール選手の傷害既往歴を含めた検討―

海野好希(3年)、渡邉健太(3年)、大谷豪和(2年)、宮城駿雅(2年)
山本麻樹(4年)、竹内依望(3年)、佐野村学

代表発表者の一人、海野好希さん(心身マネジメント学科3年)は「研究テーマの決定から研究発表に至るまでとても苦労したが、発表を終えた時はとても充実感があった。今後の活動に生かしていきたい」と話しました。
また、本学会発表の指導教員である佐野村学准教授は「専門分野における学術的な発表および研究・発表を通じた学生間の交流は、大変意義あるものだと考える。専門的学問の追及と学会発表を通じて得られた知識や経験を、今後のトレーナー活動に生かして欲しい」と語りました。