グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



過去のNews&Topics

ホーム  > 過去のNews&Topics  > 「こどもむら」を開催しました/こども健康学科

「こどもむら」を開催しました/こども健康学科

浜松キャンパスにて6月1日(土曜日)、健康プロデュース学部こども健康学科の学生が「こどもむら」を開催しました。
「こどもむら」は自然体験を通して子どもたちに好奇心を養ってもらうことや、学生の保育力を磨くことが狙いで、学生が企画から運営までを行っています。
この日は「忍者」をテーマに、キャンパス内で「巻き物隠し」や「手裏剣の修行」など六つのコーナーを設け、日本庭園には、忍者になるため体を鍛えるコーナーがつくられました。
参加した子どもたちは学生の指導を受けながら、一本橋に見立てた細いテープの上を歩いたり、砂利道を静かに歩いたりする訓練を行い、楽しい時間を過ごしました。

また、浜松市北区都田町の都田建設と合同で自然体験学習園にて秘密基地づくりを行いました。
数年前から都田建設はこの「こどもむら」イベントに協力してくださっていて、この日は公園内の一角にあるウッドデッキやツリーハウスに付ける滑り台を造りました。
参加した子どもたちは、木の材料にペンキを塗ったり、木を切ったり、こども健康学科の学生との交流を深めました。