グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



過去のNews&Topics

ホーム  > 過去のNews&Topics  > 東日本大震災の風化防止に。地元、園児、児童らからのメッセージを展示

東日本大震災の風化防止に。地元、園児、児童らからのメッセージを展示

2011年3月11日に発生した東日本大震災から2年が経過し、今なお被災地域には数多くの諸問題が復興への道のりを阻んでいる状況です。
2013年3月11日に行われた東日本大震災復興プロジェクト「3.11 復光キャンドルナイト」において近隣の幼稚園・小学校の協力を得てメッセージカードを描いてもらい、祈りの火と共に被災地に想いを伝えました。
今回、震災に対する浜松キャンパスの学生らの活動と子供たちのメッセージを展示し、震災の風化防止・これから起きると予想されている東海地震に対する高い意識を多くの人々に持って貰いたいとの目的から、以下の企画「想いをひとつに…」を行います。
日 時2013年6月1日(土曜日)〜6月16日(日曜日)
9時00分〜21時30分(最終日は18時00分まで)
場 所浜松市市民協働センター
企画名「想いをひとつに…」
主 催3.11はままつ東北復光プロジェクト