グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



過去のNews&Topics

ホーム  > 過去のNews&Topics  > 学生サークル「食ポート」が地元レストランのメニューを考案

学生サークル「食ポート」が地元レストランのメニューを考案

昨年9月頃からメニュー提供などで関わっている浜松市のカフェレストラン「連理」で、浜松キャンパスの学生サークル「食ポート」が考案したメニューが取り入れられています。

提案者は食ポートの鈴木菜穂さん(健康栄養学科4年)などで、春のメニューを提案してほしいと依頼を受け何品か提案したところ、鰆のソテー、ハーブトマトソース新玉ねぎと春キャベツのスープパンナコッタ、いちごソースの3品が連理でアレンジされて採用されました。

お客様からも「上品な味、優しい味でおいしい」との評価をいただいており、常葉大学に管理栄養士の課程があることも知ってもらえる機会になっています。
鈴木菜穂さんは「見た目も味も自分が試作した時より素晴らしくなっていて、ここまでして初めてお金がもらえるのだと思った」と話しました。

また、大学院健康科学研究科健康栄養科学専攻の松尾紘生さんが作った「おとな女子の栄養学」という栄養情報提供POPも置かれています。これも季節ごとに変えていく予定です。


今後も食ポートでは、地元レストランとの連携を行っていく予定です。