グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



過去のInformation

ホーム  > 過去のInformation  > 常葉学園文化講演会のお知らせ(11月30日開催)

常葉学園文化講演会のお知らせ(11月30日開催)

学校法人常葉学園の文化事業「常葉学園文化講演会」が11月30日(日曜日)、浜松市福祉交流センターで開催されます。
今回は、同時開催として、健康プロデュース学部開設10周年を記念し、10周年の歩みについての紹介と講演を開催します。
常葉学園文化講演会の講師は、寒村を日本一のレタス王国に押し上げ、さらに文化・福祉も充実した村づくりをされている川上村長 藤原忠彦氏をお招きし、「逆境から順風へ -『郷育』による人づくり村づくり」をテーマにご講演いただきます。
また、健康プロデュース学部開設10周年記念講演では、本学副学長・浜松キャンパス長の田中誠一教授が「健康的な人生を送るために-体育・スポーツ科学の果たす役割-」をテーマにお話しいただけます。
聴講は無料です。HPの申込フォームをご利用いただき、お申込みください。
日時2014年11月30日(日曜日)
 開場 13時40分
 開演 14時00分~15時40分

健康プロデュース学部開設10周年記念講演 16時00分~17時20分
場所浜松市福祉交流センター(浜松市中区成子140-8)
お問合せ053-428-6748(常葉学園文化講演会事務局)

お申込みフォーム(別ウィンドウで開きます)

講師プロフィール

藤原忠彦氏 1938年、長野県南佐久郡川上村生まれ。長野県立臼田高等学校中退。農業に従事した後、川上村役場職員に。企画課長を経て、1988年、川上村長に就任。現在7期、26年目。
2005年から長野県町村会長。2010年から全国町村会長を務める。教育。子育て支援および村内の恵まれた自然環境を守ることを重点施策とし、村の発展に邁進する。
著書: 平均年収2500万円の農村‐いかに寒村が豊かに生まれ変わったか-(ソリックブックス刊)

第15回文化講演会チラシのダウンロード